Search and Hit Enter

グスタフ・クリムト

愛と官能の画家。女性の身体をモチーフに、エロティシズムや死を表現した作品が多い。建築装飾の職人として成功し、画家に転身。平坦で装飾的なエジプト美術や、金・モザイクを用いたビザンディヌ美術、また日本の美術にも影響を受けた。ウィーン分離派の創設者でもある。


Continue Reading