Search and Hit Enter

グスタフ・クリムト

愛と官能の画家。女性の身体をモチーフに、エロティシズムや死を表現した作品が多い。建築装飾の職人として成功し、画家に転身。平坦で装飾的なエジプト美術や、金・モザイクを用いたビザンディヌ美術、また日本の美術にも影響を受けた。ウィーン分離派の創設者でもある。


幼少期 – 青年期

兄弟と劇場装飾の事業を成功させ、ウィーンで頭角を現した芸術家

グスタフ・クリムトは1862年にウィーンに生まれました。彫版師であった父エルンストの影響もあって、クリムトと弟のエルンスト、ゲオルクは博物館付属工芸学校に入学し、芸術を学びました。弟エルンストとゲオルクは、後に、彫刻師、彫金師となってクリムトの作品を飾る額の設計に携わるようになりました。

1879年にクリムトは弟エルンストと友人のフランツ・マッチュと共に共同で美術やデザインの請負を始め、しばらくすると芸術家商会を設立しました。劇場装飾を中心とした仕事はすぐに軌道に乗り、少しずつ世間の注目も集めるようになりました。ウィーン市からの依頼で1888年に製作した「旧ブルク劇場の観客席」では、ウィーン社交界の人々を描き、第一回皇帝賞を受賞するなど高い評価を受けました。

ウィーン市からの依頼を受け1888年に製作した『旧ブルク劇場の観客席』は観劇する当時のウィーン社交界の人々を正確に描き第一回皇帝賞をうけるなど高く評価された。

ウィーン美術界で名声を確立したクリムトは、1893年にはウィーン美術アカデミー教授への推薦を受けるほど、世間から熱烈に支持されていました。しかし、その一方で1892年に父エルンストと弟エルンストが亡くなるなど、悲しい出来事にも見舞われました。ウィーン美術アカデミー教授には、結局任命されることありませんでした。

壮年期 – 中年期

エジプト美術やビザンティヌ美術、日本美術から生み出された黄金時代

装飾家として名声を得ていたクリムトは、1894年にウィーン大学大講堂の天井画の制作を依頼され、「哲学」「医学」「法学」の3点を担当しました。しかしこれらの作品は、「人間の知性の勝利をうたう」という依頼者の意図に反しており、大きな論争が起こりました。結局クリムトは、契約の破棄を求めて、事前に受け取った報酬も返却しました。残念ながらこれらの作品は、ナチスに没収された後に消失して現存していません。

1897年、保守的なクンストラーハウス(美術家組合)を嫌った芸術家たちによってウィーン分離派が結成されました。クリムトは初代会長を務めたこの分離派は、モダンデザインの成立に大きな影響を与えました。1902年には、第14回分離派展覧会(ベートーヴェン展)で、大作「ベートーヴェン・フリース」を発表しました。クリムトがデザインしたポスターは、ミノタウロスを倒す英雄テセウスを象徴的に描き、旧態に挑むモダニズムを表しています。

1900年以降は、上流階級の婦人たちの肖像画を多く手がけました。この頃から、金箔を使うなど、装飾性を優先した新しい創造性が生まれ、いわゆる「黄金の時代」が始まりました。黄金時代の初期には、「裸のヴェリタス」「ユディットI」や「エミーリエ・フレーゲ」などの作品が描かれました。

黄金時代の中期には「女性の三世代」、「アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像 I」、後期には「接吻」、「希望II」などが描かれました。

1910年代には作品も少なくなり、金箔などを用いる装飾的な作風からは徐々に脱却していきました。クリムトの家には、裸婦モデルも含めて非常に多くの女性が出入りしていたと言います。その中でも、もっともクリムトが愛していたのはエミーリエ・フレーゲでした。

クリムトは、ウィーンで脳梗塞と肺炎によりこの世をさりました。1918年のことでした。